手技治療

手技治療とは

手技治療とは手や指、場合によって器具などを使って生体になでる、さする、押す、揉むなどの機械的な刺激(触圧感覚)を与える刺激療法です。
直接的には血管やリンパなどの循環系に、間接的には神経を介した反射機転などによって筋肉や内臓系、あるいは神経系そのものに働きかけます。
その結果としてとくに肉体的、精神的な疲労回復に効果があり、内臓、新陳代謝の働きを助るなど、症状を改善させる手助けをします。

手技治療の作用

手技治療が人間の身体の組織に対してどのような作用を及ぼし効果を発揮するのか、主に次の五つが挙げられます。

  1. 興奮作用
    機能の減退している神経や筋に対しては、その興奮性を高め、症状を和らげる手助けをします。
  2. 鎮静作用
    機能が更新している神経や筋肉に対しては、その興奮性を弱め、機能を沈静化する手助けをします。
  3. 反射作用
    症状から遠い部分に施術し、中枢神経を介する反射機転により、症状のある内臓などの機能の調整を図る手助けをします。
  4. 誘導作用
    外傷や炎症などにより、患部に発赤、腫脹、疼痛、(赤くはれ上がって痛い)などの症状が著しい時や、脳充血や皮下出血などで直接患部への施術が不可能な場合、その箇所よりも心臓に近い部位に施術し、患部のうっ血や病的浸出物を誘導、吸収させる手助けをします。
  5. 矯正作用
    関節周囲などに癒着などの障害があるとき、その部位の浸出物、病的産物の吸収を手助けします。

アルトン・シュルツの法則

これらの作用を十分に発揮させるためには、手技治療の刺激の度合い=刺激量が大切です。
手技治療の刺激量は、加える力の強弱と時間の長短で決まりますが、それを効果的に加減するのは実際にはなかなか難しいことです。
そこで刺激量のひとつの目安となる、刺激の強さと神経・筋の興奮性との関係に関する法則が『アルント・シュルツの法則』です。それは次のようなものです。

  1. 弱い刺激は低下している神経機能を鼓舞し機能を回復させる手助けをする。
  2. 中等度の刺激は生理的機能を更新する手助けをする。
  3. 強い刺激は生理的機能を抑制する手助けをする。
  4. もっとも強い刺激は機能を停止させる手助けをする。

手技治療の効果とメカニズム

手技治療を行なうことによって、身体の中ではどのような反応が起こり、
効果を発揮するのでしょうか?

  • 組織、器官に及ぼす影響
  • 皮膚・循環器系(心臓、血管・リンパ管)・血液、リンパ液・消化器系・呼吸器系
  • 神経系に及ぼす作用
  • 体性神経系(知覚神経、運動神経)・自律神経系
  • 運動器系に対する作用
  • 筋肉・関節、靭帯、腱など
  • 物質代謝と分泌機能
手技治療の施術は、これら全身の組織、器官に影響を及ぼします。
そのメカニズムは次のように考えられています。

皮膚には、外部の変化や外界からの刺激を感知して身体を適応させるのに必要な皮膚感覚(表在性感覚)が備わっています。
皮膚感覚とは、皮膚面をなでたり、こすったり、揉んだり、押したり、あるいは温めたり、冷やしたりしたときに起こる感覚です。これに対し、皮膚より奥(深部)にある筋肉や筋膜、腱や関節が感じる衝撃や障害などによる痛み感覚や振動覚、関節位置覚、筋覚、腱覚などのことを深部感覚といいます。
皮膚の刺激で生じるこれらの感覚は、皮膚層の浅いところにある痛覚受容器や触圧覚受容器、温・冷覚受容器を介して知覚神経に受け入れられますが、これらの受容器には次のようなものがあります。

  • 毛根終末 : 皮膚の毛の根元にある触覚受容器
  • マイスネル小体 : 皮膚の毛のない部分の触覚受容器
  • ファーターパティニ小体 : 皮膚のやや深いところにある圧覚受容器
  • メルケル触覚版 : 皮膚の浅いところにある触覚受容器
  • ゴルジ・マゾーニ小体 : 目の結膜や指の皮下組織にある受容器
  • 知覚神経の自由終末 : 痛覚、温度覚
  • クラウゼ小体 : 冷覚
この他皮膚表面にある細い神経の末端(自由終末)も触圧感覚に関係しているといわれています。

また、筋肉や腱などの緊張度を検知する受容器は、筋紡錘や腱紡錘という筋や腱の組織で、そこにもともと組み込まれている特殊なセンサーで緊張状態を検知します。

手技治療によって皮膚になでる、さする、押す、揉むなどの機械的刺激が加えられると、皮膚上にあるそれぞれの刺激に対応する受容器が変形し、これが刺激となって受容器が興奮します。この興奮が受容器につながる知覚神経線維によって脊髄を経て大脳皮質に伝達され、認知します。

脳で認知され、初めて触圧感が発生しますが、その一方で興奮は脳幹部の複雑な神経網や間脳に伝えられ、意識されることなく身体の様々な部位に広範囲の反射的な反応が引き起こされるのです。

また一方では、手技治療を行なうことによる触・圧の機械的刺激は直接、血管やリンパ管への圧変化として働き、それが静脈やリンパ管の弁の働きを助け、機械的、直接的に循環系にも影響を及ぼします。

こうした刺激により汗腺、皮脂腺、角質層などの皮膚そのものに対して影響を及ぼすことは当然で、古い角質層を剥離し、皮脂腺の機能を高め、皮膚を清潔にし活性化するのに役立ちます。美顔術に手技治療が欠かせないのはこうしたメカニズムが作用するからです。

このように手技治療は、直接効果としての皮膚や施術部位の静脈管やリンパ管への影響と、神経反射による全身への影響が協調して、複雑でしかも効果的な生体反応を起こすと考えられています。

手技治療の適応症

手技治療を行なうことによって緩和される症状には、次のものがあげられます。

  1. 神経系疾患
    神経痛、不眠症など。
  2. 運動器疾患
    慢性関節リウマチ、筋肉痛、筋萎縮、筋力減退、軽症の筋炎、腱炎、関節の拘縮、癒着の剥離、関節の変形、骨折、脱臼、捻挫の後遺症など。
  3. その他
    疲労回復、病後の体力回復など。
    ただし疾患の症状、進行度によっては不適応になる場合がありますので十分注意してください。

手技治療の適応症

手技治療の禁忌とは、手技治療を受けてはいけない場合のことです。
一般的には食後、強い空腹時、飲酒後、熱のあるときなどは手技治療を避けます。また妊娠中も注意を要します。
受療者が次のような状態にある場合は施術を避け、速やかに医師の診断を仰いでください。

手技治療禁忌症

  1. 法定伝染病
    コレラ、赤痢、腸チフス、パラチフス、痘瘡、発疹チフス、しょう紅熱、ジフテリア、流行性髄膜炎、ペスト、日本脳炎
  2. 病的産物や病原菌を拡大する恐れのある疾患
    伝染性化膿性疾患、蛇毒、昆虫毒
  3. 急性炎症性疾患
    急性関節リウマチ(リウマチ熱)、急性関節炎、急性脳脊髄疾患(脳溢血など)、骨折、脱臼、創傷の初期
  4. 安静を要する内科重症疾患
    結核、梅毒、淋病、癌、白血病、潰瘍、心臓疾患、腎臓疾患、肺疾患、喀血や吐血の直後など
  5. 血管に病変のある場合
    動脈瘤、静脈血栓、動脈硬化症など
  6. 出血性疾患
    血友病、紫斑病、壊血病、重症肝臓病、黄疸など
  7. 腹部の炎症
    急性虫垂炎、腹膜炎、胃潰瘍、腸炎など
  8. 拡大または伝染の恐れのある皮膚病
    湿疹、寄生虫による皮膚病、伝染性の皮膚疾患など

手技治療を禁忌すべき部位

  1. 炎症のはなはだしい部位(発赤、疼痛、熱感、腫脹)
  2. 化膿や伝染の恐れのある部位
  3. 皮膚に損傷のある部位
  4. 出血しやすい部位
  5. 悪性の腫瘍がある部位
  6. 妊婦の腹部および腰部

手技治療を禁忌すべき場合

  1. 疲労、衰弱がはなはだしい場合
  2. 心臓や肺などの重い疾患で、脈が弱く速い場合(1分間に100以上)
  3. 38度以上の高熱がある場合
  4. 絶対安静を要する患者の場合
  5. 出血しやすい病気や状態にある場合
  6. 悪性伝染病の疑いがある場合
  7. 皮膚に炎症や広範囲の疾患がある場合

診察時間

カイ鍼灸整骨院

整骨:手技(マッサージ)による施術

鍼灸:鍼治療による施術

整骨
鍼灸
9~20時
全日
10~12時
16~20時

9~20時
全日
10~12時
16~20時
9~16時半
10~12時
9~20時
全日
10~12時
16~20時
9~20時
全日
10~12時
16~20時
9~16時半
10~13時
×
×

休診日:日曜・祝日
20時以降は要予約

本格的整体処海-KAI-

予約優先制 年中無休 22時以降は予約のみ

月~日10時~22時